VCP6-CMA 2V0-631の資格試験はどのようなものですか?
VCP6-CMA 2V0-631試験の難易度はProfessionalです。
VCP6-CMA 2V0-631試験は全国のPearsonVUE提携会場で受験できます。
VCP6-CMA 2V0-631試験はオンラインテストで、多岐選択式です。
VCP取得を目指される場合、VMware vSphere: Install, Configure, Manage等のトレーニング受講とvSphere 6 Foundations 試験の合格が前提となります。
VCP6-CMA 2V0-631試験は日本国内ではPearsonVUEという団体が365日主催をしていますから、好きな日を選んで受講します。
2V0-631を独学で勉強する場合、PassexamのVCP6-CMA 2V0-631問題集を使うのが最もお勧めです。
実機での確認とPassexamのVCP6-CMA 2V0-631勉強資料が9割以上正解できれば問題ないと思います。
短期間でVCP6-CMA 2V0-631に勉強して合格される方は本当にすごいなと思います。
弊社のVCP6-CMA 2V0-631学習材料は受験者が模擬試験場で勉強させます。

「VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation Exam」試験 (2V0-631)は、制限時間 120 分、出題数 85 問、合格点 300点、検証 vRealize Suite、受験料 225ドル、試験形式 単一選択及び複数選択のVCP6-CMA認定資格に関連する試験です。
VCP6-CMA 2V0-631試験は主な内容として、vmwareの基本的なインストール、アップグレード、ネットワークやストレージの設定/管理、vSphereというサーバーパッケージ、仮想マシンやvAppの展開、アラーム設定や監視/運用と、ソフトウェアの運用として必要な工程を一通り問われます。

独学でVCP6-CMA 2V0-631を学ぶ場合、自分のスキルを客観的に評価することは簡単ではありません。
できればPassexamのVCP6-CMA 2V0-631試験のテキストを購入するのが良いと思います。
通常はPassexamのウェブサイトの受験者を通じて詳細なVCP6-CMA 2V0-631勉強資料を得ることができます。
最新のVCP6-CMA 2V0-631参考書を使用すれば、最高の合格点を得ることができます。

VCP6-CMA 2V0-631関連分野は出題される場合があります:
+ Section 1: Install, Configure and Upgrade vRealize Suite Components
+ Section 2: Administer vRealize Automation Users, Roles and Privileges
+ Section 3: Create and Administer Cloud Networking
+ Section 4: Configure and Administer Tenants and Business Groups
+ Section 5: Allocate and Manage vRealize Automation Resources
+ Section 6: Create and Administer vRealize Automation Components
+ Section 7: Monitor and Troubleshoot a vRealize Automation Implementation
+ Section 8: Configure and Administer vRealize Orchestrator
+ Section 9: Configure and Administer vRealize Business Standard
+ Section 10: Configure and Administer vRealize Application Services

弊社のVCP6-CMA 2V0-631勉強材料を使用していることを安心することができます。
弊社のVCP6-CMA 2V0-631受験対策には回答につながる回答が載っていない場合は、2V0-631問題と解答を暗記してもいいです。
初心者の方はVCP6-CMA 2V0-631参考書がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます。
弊社のVCP6-CMA 2V0-631学習材料の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
部分のVCP6-CMA 2V0-631無料サンプルを体験することができます。

1.The Goal Navigator assists administrators in which two ways? (Choose two.)
A. Lists all the steps to complete the tasks.
B. Lists all the prerequisites to complete the task.
C. Validates that a task has been successfully completed.
D. Provides details on how to complete the forms for a task.
Answer: A, B

2.How can an administrator make a commonly used development environment available for end-users to
A. Use vCenter Server templates to deploy the virtual machines needed for the service.
B. Use the Service Catalog to publish the virtual machines needed for the service.
C. Use the vCloud Connector to deploy the virtual machines needed for the service.
D. Use vRealize Application Services to deploy the virtual machines needed for the service.
Answer: B

3.Senior IT leadership wants information to help determine workload placement and tradeoffs between
buying new hardware or using a public cloud provider.
What VMware product provides that information?
A. vRealize Business
B. vCenter Chargeback
C. vCenter Configuration Manager
D. vRealize Operations
Answer: A

4.What vRealize Automation feature uses a library of standard components, or services, to automate and
manage the update life cycle of deployments?
A. Application Services
B. Service Catalog
C. Orchestrator
D. Advanced Service Designer
Answer: A


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *